ヤクザの出入り 放送禁止レベルだったロッテのバイオレンス時代

元プロ野球選手の愛甲猛が、元チームメイトで先輩の張本勲、有藤道世らについて、いかに危険な存在だったかと振り返った。デーブ大久保のYouTubeチャンネルで公開された対談動画での一幕だ。

デーブ大久保チャンネル/YouTube

張本について愛甲はキャンプでの出来事を回顧。山内一弘監督が初日のミーティングで訓示を述べて「今日からみんな、怪我なく頑張ろう」と締めくくると、張本が「結局あんた、何が言いたいんだね」と言い放ったそう。監督を「あんた」呼ばわりしたことに仰天した愛甲だったが、その後も張本はベンチでも「監督」ではなく「あんた」と呼び続けていたという。

さらに愛甲はロッテ対近鉄戦でのエピソードを披露。ロッテの“野次将軍”江島巧が野次を飛ばしていると、近鉄バファローズの平野光泰がバッターボックスを外してロッテのベンチの前まで来て「誰や今野次ったのは!」と、バットを持って仁王立ちするという一触即発の状態に。

これに張本や有藤が「なんやコラ!」を応戦する様子を見て、愛甲は「もうさ、ヤクザの出入りみたいなもんだよ、毎日が」と当時のプロ野球のとんでもないエピソードについて語っていた。

TAGS