プロの乱闘はスゲえ ロッテの危険な暴力野球時代

元プロ野球選手の愛甲猛が、元チームメイトで先輩の張本勲、有藤道世らについて、いかに危険な存在だったかと振り返った。デーブ大久保のYouTubeチャンネルで公開された対談動画での一幕だ。

デーブ大久保チャンネル/YouTube

張本といえば日本プロ野球初の3000安打達成者、有藤といえば“ミスター・ロッテ”と呼ばれるほどの名選手。しかし愛甲は、野球の腕前意外にも当時のプロ野球の荒々しさを乗り切るための実力を目の当たりにしたという。

愛甲がプロ野球で最初の乱闘を体験したのはロッテオリオンズ時代。川崎球場でロッテのピッチャーが西武ライオンズのバッターに死球をぶつけたことで始まったもので、張本や有藤が乱闘に参加し、相手には田淵幸一、大田卓司、山崎裕之らがいたという。

「田淵さんも怖いですもんね」と大久保は漏らしたが、愛甲によると最終的には張本が乱闘に入り「おいコラァ! ぶち」と一喝。さらに「お前ら野球できなくするぞ」と叫んだそうで、これには田淵も「張さんわかりました、もう謝るんで」と白旗を揚げたのだとか。

愛甲は「謝らなきゃいけないのはこっちなのにさ」と苦笑いすると「俺が最初に経験した乱闘がそれよ。『うわ、プロってすげえ』って思っちゃって」と振り返った。

TAGS