落合博満の本当のヤバさとは? “愛弟子”愛甲猛が解説

元プロ野球選手の愛甲猛が、日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王を達成したレジェンド、落合博満のスゴさは並外れた身体能力にあるとデーブ大久保のYouTubeチャンネルで解説した。

デーブ大久保チャンネル/YouTube

なぜ落合が歴史的な記録を残せたかについては、YouTubeでいくつもの検証動画がアップされているが、愛甲は「『軸足がすごい』とか、みんな前田(智徳)とかも言っていて、実際にそうなんだけど」と認めつつも「何がすごいって、右手の握力の強さヤバいから」と明かした。

愛甲は「遠回りの副産物だと俺は思ってんだけど、あの人2年間ボーリングやってたのよ。だからここの強さやばいんだ」と、プロに入る前にプロボウラーを目指した経験から、前腕屈筋群が発達したのではないかと推察。

続けて「だからあの人のバッティングって左腕の張りがすごかったりするんだけど、最終的にやっぱり右手の強さ」だと説明。かつて落合が肩を掴んだだけで、相手が「息が詰まる!」と訴える場面に遭遇したこともあったのだとか。

また愛甲は落合から「俺は王さんのふくらはぎと同じ42センチなんだよ」とふくらはぎの太さを自慢されたことを告白。「技術もすごいけど、身体的にもすごかった」と、技術に加えてフィジカルの強さがあったからこそ歴史的な記録を達成したのだと解説した。

TAGS