adidasの名作スニーカー「スタンスミス」 “完全サステナブル仕様”で生まれ変わる

adidas Originals(アディダス オリジナルス)が、半世紀に渡り愛され続けてきた名作スニーカー「Stan Smith(スタンスミス)」のすべての商品にリサイクル素材を使用し、ヴィーガン設計のサステナブル仕様に切り替えることを発表した。

2024年までにすべての製品においてバージンポリエステルの使用を廃止し、リサイクルポリエステルを使用するという目標を掲げているadidas。今回その大きな一歩として、アイコンスニーカーである「Stan Smith」がサステナブル仕様に生まれ変わる。

定番が変わらなければ、常識は変えられない。
常識が変わらなければ、世界は変えられないのだから。
サステナブルを、みんなのものに。
いまこそ未来のために、大いなる一歩を。

最新モデルは、誕生以来、モダンデザインのアイコンとして何世代にも渡って受け継がれてきた「Stan Smith」のアイコニックなシルエットはそのままに、内側から見直し、高機能リサイク素材PRIMEGREENを採用。アッパーにはレザーと同じ外観と手触りの日本製のプレミアムPUコーティングを施したリサイクルポリエステルを使用している。またアウトソールには、天然ラバーやリサイクルラバーを使用し、レース、ライニング、インソールなどのディテールもすべてリサイクル素材で作られている。

サステナブル仕様となった最新の「Stan Smith」は、現在adidas Originals取り扱い店舗で販売中。なお、旧モデルは無くなり次第販売終了となる。

TAGS