adidas Originals、メタバース事業へ参入 初のNFTコレクションを発表

adidas Originals(アディダス オリジナルス)が、ブランド史上初となるNFTコレクション『Into The Metaverse』を12月18日(日本時間)にリリースする。

本コレクションは、NFTコミュニティのパイオニアとして知られる「Bored Ape Yacht Club」「gmoney」「PUNKS Comic」の制作チームと共同開発を行っており、彼らが持つメタバースコミュニティの専門知識を活用することで、adidas Originalsは新たなデジタル領域へと踏み出す。

今回の発表に先駆け、adidasはブランドのメタバースへの第一歩を記念したNFTのステータスバッジ「POAP(Proof of Attendance Protocol)」を無料で入手できるチャンスをCONFIRMEDアプリ会員限定で提供。その後、PUNKS Comic Issue 2のデジタルとフィジカル版の両方に、今回のコレクションを着用したIndigo Herz、gmoney、CryptoPunk Courtneyが登場し、記念すべき4-wayコラボレーションの誕生を祝福している。

今回NFTのオーナーとなった方は、adidas Originalsが提供する貴重な体験をはじめ、ブロックチェーンを活用したNFTゲーム「The Sandbox」や、その他プラットフォームで使用できるバーチャルウェアラブル、それと同デザインの実際のプロダクトを手にすることができる。

NFTコレクション『Into The Metaverse』は、12月18日(日本時間)より、0.2 ETHで発売される。なお、デジタルおよびフィジカルなウェアラブルは、2022年に『Into the Metaverse』のNFTのオーナーを対象に利用可能になる予定だという。

TAGS