サステナビリティを体感できる新店舗『アディダス ブランドセンター 原宿』がオープン

adidas(アディダス)が、“サステナビリティ”を体感することのできる新たな直営店舗『アディダス ブランドセンター 原宿』を東京・原宿にオープンする。

この新店舗は、すべての照明設備にLED照明を採用し、エネルギーシミュレーションによるエネルギー最適化検証を行うなどエネルギー効率を上げているほか、ごみの徹底した分別管理や店舗開発工事時に発生する建設廃棄物のリサイクル推進など、環境に配慮した店舗設計を実現。また、スニーカークリーニングサービス「SNEAKER SERVICE」をはじめ、給水スポットやオリジナルボトルの販売サービス「ウォーターファウンテン & ウォーターボトル」といった国内店舗初となるサービスを展開する。この店舗を通して、訪れた人に“サステナビリティ”について考えるきっかけを与えることを目標としている。

地下1F〜地上2Fの計3フロアの店舗では、フットウェア/アパレルを中心に幅広いラインアップを取り揃え、国内直営店最大の売り場面積となるアウトドアコーナーを備えるほか、adidas公式アプリに追加された“インストアモード機能”(※店内でアプリを起動し希望の商品を撮影すると、在庫状況がその場で確認でき、そのままアプリ上で試し履き依頼を行うと、スタッフが希望のサイズを持ってきてくれるという画期的な機能)を活用したデジタルサービスを展開するなど、これまでにない体験が可能に。

店舗内では、アーティスト・hi-dutch/Takahiro Hidaや、フラワーアーティスト・plantica/TADAHISA OHKURIとのコラボレーションアートを各所に配置。adidasの商品をモチーフに廃棄シューレースを用いてつくられたアート作品や、adidas Originalsのアイコンとなるスニーカー「SUPERSTAR」「STANSMITH」「FORUM」を陶器で表現し、植物と合わせたアート作品が展示される。

新店舗のオープン記念として、adidasとallbirds(オールバーズ)のコラボモデル『FUTURECRAFT.FOOTPRINT』が、adiCLUB会員向けに294足限定で再販売される。昨年末に発売され大好評を博した本モデルは、両社の独自技術や素材のイノベーションを共有することで、カーボンフットプリントを大幅に削減することに成功したシューズだ。

<adidas Brand Center Harajuku>
オープン:1月22日(土)
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮4-30-3 東急プラザ 表参道原宿
営業時間:11:00-21:00 ※不定休
電話番号:03-5414-1040

TAGS