スター・ウォーズ、マリッジ・ストーリー… 世界中が惚れたアダム・ドライバー BEST5

2019年12月20日(金)から公開される「スター・ウォーズ」サーガの完結編『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』。“続三部作(シークエル・トリロジー)”で主人公の強敵となるカイロ・レン役を演じるなど、現在注目を集めているアダム・ドライバー。海兵隊員からハリウッドスターとなった異色の経歴を持つ彼は、その存在感を急速に増しつつある俳優の1人だ。

テレビ映画『死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実』(2010年)や人気ドラマシリーズ『LAW&ORDER』への出演をきっかけに一部で注目を集めた彼は、その後も『J・エドガー』(2011年)、『リンカーン』(2012年)といった映画やテレビドラマなどにゲスト出演しながら順調にキャリアを積み、2012年から2017年にかけて放送されたドラマ『GIRLS/ガールズ』ではついにメインキャストとして抜擢。

そこでブレイクすると、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013年)では、主人公のミュージシャン仲間であるアル・コーディを好演。地味ながらもキラリと光るその演技でさらなる注目を集めることになった。

Photo by Alison Rosa ©︎2012 Long Strange Trip LLC

また、『パターソン』(2016年)では、バス運転手である主人公・パターソンを好演し、ロサンゼルス映画批評家協会賞 主演男優賞を受賞。

Bleecker Street/YouTube

Photo by MARY CYBULSKI ©︎2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.

翌年公開のクライム映画『ローガン・ラッキー』(2017年)には、チャニング・テイタム演じる主人公ジミーの弟で、イラク戦争帰りの傷痍軍人であるクライド役で出演。チャニングと息の合った演技をみせ、“イカレた犯罪ブラザーズ”ぶりが話題となった。

©︎2017 Incarcerated Industries Inc. All Rights Reserved.

また、この映画で発揮することとなったクライム映画への適性が評価されて、スパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』(2018年)に刑事役で出演。アカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞助演男優賞、英国アカデミー賞助演男優賞にそれぞれノミネートされるなど、さらに大きな注目を集めることになった。

Focus Features/YouTube

2010年のキャリアスタートから着実にステップアップを重ね、今や若手屈指の人気と実力を誇るアダム・ドライバー。そんな彼は12月6日よりNetflixで配信が開始した映画『マリッジ・ストーリー』で、人気女優スカーレット・ヨハンソンとともに、離婚を目前に控えたとある夫婦を演じ、新たな境地へと踏み出した。本作は、アカデミー賞の前哨戦となる各映画祭でも“キャリア最高の演技”などと大絶賛の声が殺到しており注目を集めている。

Netflix Japan/YouTube

Netflixオリジナル映画『マリッジ・ストーリー』はNetflixにて配信中。

TAGS