ブラッド・ピットが『アド・アストラ』に込めた想い

ブラッド・ピットが主演にして初の宇宙飛行士役に挑んだ映画『アド・アストラ』のブルーレイ&DVDが、2020年1月8日(水)にリリースされる。

この度、本作の先行デジタル配信(12月18日より)、ブルーレイ&DVDリリースに先駆け、主演のブラッド・ピットとリヴ・タイラーの特別インタビュー映像が公開された。

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント/YouTube

本作は、地球の遥か太陽系の彼方で消息を絶った父を探す危険なミッションを壮大な宇宙を舞台にスリリングに描き、ブラッド・ピットが初の宇宙飛行士役に挑んだスペース・アクション超大作。

ブラッド・ピット演じる主人公ロイの父親で、宇宙探索中に消息を絶った 宇宙科学者クリフォードを演じるのは、「メン・イン・ブラック」シリーズで世界中にその名を轟かせたオスカー俳優のトミー・リー・ジョーンズと、大スター2人の初共演にして親子役が実現した。また、ロイの恋人イヴ役を演じる「アルマゲドン」のリヴ・タイラーをはじめ、名優ドナルド・サザーランドやルース・ネッガなど、豪華実力派キャストが集結している。

今回公開された特別映像では、主人公ロイを演じたブラッド・ピットと、ロイの恋人イヴを演じたリヴ・タイラーのインタビューが収められている。

役柄についてブラッド・ピットは、「非常に優秀な宇宙飛行士で周りから頼りにされる仕事ができる男だ」と解説。「よくある宇宙への旅というテーマではあるが、壮大なアクションの連続で最終的に人間の内側に迫る。自分の存在意義や人生を自問自答する」と映画に込めたテーマについても明かしている。

続いて、リヴ・タイラーは、ロイのキャラクター性を「心の中で父親のことを考えている彼は少年のように見えるの。打ちのめされてる感じよ」と解説する。「その後に見せる目の表情がすばらしい。巧みな演技よ。故郷や恋人のことを考えているのが読み取れて、目に希望がよみがえるのが分かるの」とブラッド・ピットの演技についても絶賛している。

さらに、ジェームズ・グレイ監督との仕事について「所々に声の挿入があって、それが面白い作業だった」と話すタイラー。“このセリフを言って”と監督からメールが来て、タイラーがそのセリフを電話越しに言うという珍しいやりとりもあったようで、実際のアフレコの時は自身が育ったメーン州に滞在していて「故郷でアフレコしてるのがおかしかった」と笑いながら明かしている。

『アド・アストラ』は、12月18日より先行デジタル配信開始、ブルーレイ&DVDは2020年月1月8日にリリースされる。

©2020 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TAGS