宇宙で消息を絶った父は何故生きていたのか ブラッド・ピットが最も挑戦的な作品に挑む

日本でも絶大な人気を誇る世界的ハリウッド・スター、ブラッド・ピットが初めて宇宙に挑み、「メン・イン・ブラック」シリーズや日本のCMでもお馴染みのトミー・リー・ジョーンズをはじめとする超豪華な共演陣が話題となっている『アド・アストラ』が9月20日(金)より公開となる。

20th Century Fox/YouTube

現地時間8月30日、イタリアにて開催された第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、本映画祭で世界初お披露目となった。更に、主演のブラッド・ピットをはじめ、リヴ・タイラー、ルース・ネッガら豪華キャスト陣の他、ジェームズ・グレイ監督が参加するレッドカーペット・セレモニーが華々しく執り行われ、同日開催となった記者会見にも登壇した。

本作は、世界的人気俳優ブラッド・ピット演じる主人公ロイ・マグブライドが、宇宙の彼方で消息を絶った父と、その謎の“答え”を探すために宇宙へと旅立つ、衝撃の“救出”ミッションを描くエンターテインメント大作。愛する者を地球に残し、微かな父の情報を辿りながら、広大な宇宙へと旅立つ先にロイが見た真実とは!?

会場前に敷かれたレッドカーペットの周りには、ブラッド・ピットをカメラに収めようとするマスコミと会場に駆け付けた多くのファンで溢れ返った。
黒いタキシードに蝶ネクタイ姿のブラッド・ピットや、黒のロングドレス姿のリヴ・タイラー、そしてルース・ネッガらが登場すると、会場からは地鳴りのような歓声が沸き起こり一斉にフラッシュが焚かれた。ピットらは集まったファン一人一人に丁寧にファンサービスをしながら、スクリーニング会場へ向かった。

本映画祭が初の公式上映となったプレミア上映には、ブラッド・ピッの最新作をいち早く観ようと集まったマスコミで超満員となり、改めて注目度の高い作品であることを物語った。上映後にはスタンディングオベーションも沸き起こるなど、作品の完成度の高さを裏付けた。

同日行われた公式会見では、開始2時間以上も前からマスコミの長蛇の列ができ、入りきれないメディアが出るほど、映画祭史上類をみない大盛況となった。

本作で主演・製作を務めたブラッド・ピッは、第64回ベネチア国際映画祭(2007年)で自身が主演を務めた「ジェシー・ジェームズの暗殺」でボルピ杯(最優秀男優賞)を受賞するなど、本映画祭とも深いつながりを持っている。

ブラッド・ピットは、「本作はこれまで自分が手がけてきた作品の中でも最もチャレンジングな作品だったと言わざるを得ません。3年前、監督と最初に本作について語った方向性そのままの作品が出来上がり、大変満足のいく出来となりました」と語った。

また、ブラッド・ピット演じるロイの恋人役を演じたリヴ・タイラーは「私のキャラクターはロイの記憶や夢の中で登場するの。そしてこの物語はロイと父との関係が多く描かれているわ」とその全貌の一端を明かした。

本映画祭で華々しくお披露目された本作は、「ムーンライト」(16)や「それでも夜は明ける」(13)など、数々のオスカー作品を生み出し続ける製作会社PLAN Bの作品。監督を務めたジェームズ・グレイも「リトル・オデッサ」(94)で本映画祭の“銀獅子賞”を受賞していることもあり、“金獅子賞”への期待も益々高まっている。

地球から43億キロ離れた太陽系の彼方で消息を絶った父はなぜ生きていたのか?そして、なぜ危険な実験を抱えたまま彼は姿を消したのか?父の謎を追い、宇宙の彼方でロイ・マグブライドが見たものとは?

☆☆☆☆☆
最高傑作!驚異的な映像で観る者を圧倒する
―The Guardian

☆☆☆☆
『アド・アストラ』は素晴らしいー宇宙で消息を絶った父を見つけ出す探求の旅
―Empire Magazine

☆☆☆☆☆
ブラッド・ピットはセンセーショナルで、アカデミー賞最有力候補だ!
―GamesRadar/Total Film

ブラッド・ピット史上最高の演技!
―The Warp

20世紀フォックス映画公式チャンネル/YouTube

『アド・アストラ』は、9月20日(金)より公開

©︎ 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

TAGS