『サイコだけど大丈夫』『人間レッスン』… Netflix、韓国映画ドラマ界も席巻中

“韓国のゴールデン・グローブ賞”とも呼ばれる『第57回 百想(ペクサン)芸術大賞』の授賞式が5月13日に開催され、Netflixで配信中の人気作が様々な賞を受賞した。

『百想芸術大賞』は、映画やテレビで活躍する俳優や製作者らが勢ぞろいし、韓国最高峰の映画やドラマシリーズを競う、注目度の高い総合芸術賞だ。

Netflixで配信中の作品は、9作品15部門に23ノミネート。その中から、映画『ザ・コール』主演のヨンスク役チョン・ジョンソが【女性最優秀演技賞】、『人間レッスン』でギュリ役パク・ジュヒョンが【女性新人演技賞】、『サイコだけど大丈夫』サンテ役オ・ジョンセが【助演男優賞】、『悪霊狩猟団カウンターズ』メオク役ヨム・ヘランが【助演女優賞】、『サイコだけど大丈夫』ムニョン役ソ・イェジと『スタートアップ:夢の扉』ジピョン役キム・ソンホの二人が【TiKToK人気賞】を受賞。また、『サイコだけど大丈夫』が衣装で、映画『スペース・スウィーパーズ』がVFX(視覚効果)で美術賞を受賞した。

ドラマシリーズ『人間レッスン』は、日本で社会現象を巻き起こした『梨泰院クラス』のグンス役で注目を集めたキム・ドンヒ主演、大金を稼ぐために犯罪行為に手を染めた高校生たちを描く衝撃作。新人演技賞を受賞したパク・ジュヒョンは、真面目な高校生ジスの同級生ギュリを演じ、裕福な家庭で育ち完璧主義の両親に嫌気がさしていたギュリは、ジスの秘密をかぎつけ自身も危険なビジネスに乗り込んでいく…。

Netflix Japan/YouTube

映画『ザ・コール』は、『#生きている』『アルハンブラ宮殿の思い出』でヒロインを演じたパク・シネ、そして『百想芸術大賞』で【女性最優秀演技賞】を受賞したチョン・ジョンソ主演の時空を超えたミステリーサスペンス。チョン・ジョンソはヨンスク役で連続殺人犯を怪演し、20年という時間を超え、一本の電話で同じ家に暮らすソヨン(パク・シネ)と繋がっていく。

Netflixのコンテンツ部門バイス・プレジデント(韓国、東南アジア、オセアニア圏)のキム・ミニョンは、「『百想芸術大賞』で評価された韓国発の作品をはじめ、Netflixでは過去数十年にわたってアジア地域の韓流ブームを先導する中で培った確固たる制作能力を土台に、クオリティ及びストーリー性の高い物語を継続的に配信しています。Netflixによって全世界に同時配信され、世界190カ国のメンバーの皆さまに一斉に楽しんでもらうことで、世界規模で多くの方に愛される作品群としての影響力をさらに拡大できる新たな段階を迎えていると実感します。Netflixでしか観ることのできない作品をお届けすることを突き詰め、韓国国内の映像業界と細やかな協力関係を持つことにより、フォーマットやジャンルなどの制約にとらわれずに、新しいコンテンツを生み出ていくことに挑戦し続けます。今後のラインナップにもぜひご期待ください」と今後の抱負を述べている。

TAGS