カーディ・B、ミーガン、Migos… ヒップホップ銀河系軍団が大暴れ

毎年恒例の『BETアワード2021』が今年も開催された。同アワードは、音楽や演劇、もしくはスポーツなどを含む、あらゆるエンタテインメント業界で活躍しているアフリカ系アメリカ人や、その他のマイノリティの人々に対して贈られる文化賞。毎年6月に開催される授賞式ではアーティストによる華々しいステージに注目が集まるが、今年もロサンゼルスのマイクロソフトシアターは熱気に包まれたようだ。

BETNetworks/YouTube

授賞式開催前、同アワードの音楽部門を担当するコニー・オーランド氏は次のように意気込みを語っていた。
「今年のショーは、21年間の歴史を持つBETアワードの中で最多の出演者数を誇ります。そして多くの初の試みが行われ、視聴者は驚きの瞬間を目撃するでしょう。今、最もホットな才能たちが、黒人である素晴らしさを祝う忘れられない夜のためにロサンゼルスに戻ってきます」

実際、授賞式でのパフォーマンスは見応えがあるものだった。スウィズ・ビーツ、H.E.R.、タイラー・ザ・クリエイター、リル・ダーク、リル・ベイビー、ミーゴス、ダベイビー、アンドラ・デイ、シティ・ガールズ、ジャズミン・サリバン、DJ キャレド、カーク・フランクリン、マネーバグ・ヨー、ラプソディ、ロディ・リッチ、グリセルダ、ジャスト・ブレイズ、メレバ、トーン・スティスなどなど。一晩でこれだけのアーティストのパフォーマンスが堪能できる機会はなかなかない。

ミーゴス&カーディ・B「Straightenin」/「Type Shit」

BETNetworks/YouTube

また各賞の受賞者は、ミーガン・ジー・スタリオンが最優秀女性ヒップホップ・アーティスト賞を、ミーガンは同じくカーディ・Bとのコラボ曲「WAP」で最優秀コラボレーション賞とビデオ・オブ・ザ・イヤー賞を、ビヨンセとタッグを組んだリミックス盤「サヴェージ・リミックス」ではビューワーズ・チョイス賞を受賞した。他、アンドラ・デイが最優秀女優賞、チャドウィック・ボーズマンが最優秀俳優賞、リル・ベイビーが最優秀男性ヒップホップ・アーティスト賞などに輝いた。

ミーガン・ジー・スタリオン「Thot Shit」

BETNetworks/YouTube

また、今年初めにこの世を去ったラップ界の伝説DMXも表彰され、バスタ・ライムス、メソッド・マン、スウィズ・ビーツ、マイケル・K・ウィリアムズが追悼パフォーマンスを披露した。BETアワードでの各アーティストの圧巻のパフォーマンスをぜひチェックしてみよう。

DJキャレド、ミーガン・ジー・スタリオン、ダ・ベイビー、リル・ベイビー & リル・ダーク「Medley Of Hits」

BETNetworks/YouTube

TAGS